実店舗のインターネット活用について

1,インターネットを活用しなければいけない理由について

現在の日本人は1人あたり月40時間以上もインターネットを利用していると言われています。
これは通勤時の電車の中を見渡すとわかりますが、昔は新聞や雑誌等から様々な情報を仕入れていたのがインターネットから情報を仕入れる時代に変わってしまった、ということです。

そのため、今後の実店舗の集客はインターネットの利用を大きく考える必要が出てきました。

実際に日本人がどれだけインターネットを日常的に活用しているかというと全体の約8割もの人達がインターネットを日常的に活用していると言われています。
前述にて月に40時間以上インターネットサービスを利用していると言いましたが、そのうちの3分の1の時間はSNS(TwitterやInstagram、Facebook等々)の利用だとされています。

そのため、今後はWebサイトの活用だけなくSNSも利用した集客を考えていかなければいけません。

 

2,インターネットを活用するメリットについて

インターネットを活用する際に利用できる一般的なサービスは以下のものになります。

 ・Webサイト(ホームページ)
 ・GoogleMAP等のお店紹介サービス(食べログやぐるなび等々)
 ・SNS(Twitter、Instagram、Facebook等々)

 

これらを活用してお客様にお店の告知を行なうことのメリットとしてはいくつかあります。

1,住所情報(地図)やサービス内容を事前にお客様に確認してもらえる

2,お問い合わせフォームや予約フォームを用意すれば電話対応などに時間を取られることが少なくなる

3,Webサイトを解析するツール(仕組み)を導入しておけばお客様がどういう情報を求めていたか分析ができる

4,お店やサービスの説明をする際にインターネット上の画像やテキストで説明ができる

以上のようなメリットがありますが、インターネットを活用するとさらに情報発信先が非常に広がるという強いメリットもあります。
お店の近くだけでチラシを配ったりしていても情報を発信できている地域は非常に狭い範囲だけになってしまいますが、インターネットを活用した場合は日本だけでなく海外の人たちにも情報を発信することが可能です。

 

3,SNSの重要性について

お店の評判を調べるときにあなたならどのように調べますか?GoogleやYahooのような検索エンジンでお店の名前を検索でしょうか?
それも一般的な調べ方の1つですが最近はSNS上でお店の名前を検索して調べるケースが非常に増えてきているというデータがあります。

そのため、お客様が検索した際にお客様が望んだ情報がヒットするようにSNSは利用しておくのがベストです。

さらに、SNSは画像を主として活用することになるためお店の雰囲気やサービス内容を視覚的に伝えることにも優れています。
魅力をダイレクトに伝えることができるという魅力はもちろんSNSは画像が主体のため海外の観光客もお店の情報を調べる際にSNSを利用することが多いと言われていて、海外のお客様を見据えてSNSの運用には力を入れておくべきでしょう。

また、SNSにはお店を利用したお客様の「生の声」が投稿されているので、SNS慣れした若い層は特に顕著ですがSNSの感想を参考にする人達がとても増えてきているためSNSの重要性は今後ももっと増してくることが予想されます。

 

最後に

インターネットやSNSの重要性についてご理解いただけましたでしょうか?
どちらも利用するメリットは無限にありますので自店舗で有効活用できそうかどうか一度検討されるのをオススメします。 

Scroll to top