コンテンツマーケティングで解決できる企業の悩み

コンテンツマーケティングで解決できること、できないことがあります。
そんな中でコンテンツマーケティングで解決できる「企業の悩み」とはどういうものがあるのかを本記事で説明していきます。

 

 

悩み1,広告費の負担が大きい

商品やサービスの認知度拡大、集客のために広告を回し続けていると当然ながら広告費用はどんどん増えていきます。
特に近年ではリスティング広告の費用は過度な競争により増加の一途をたどっています。そのため薄利多売の商材では非常に厳しい時代になっています。

そのため、そのような悩みを抱えている企業にとって広告費用をかけずに集客できるコンテンツマーケティングは大きな可能性を秘めています。

ただし、広告での集客を完全にやめてコンテンツマーケティングだけの集客に頼るのではなく、広告とコンテンツマーケティングの2本立てで集客計画をたてるのがよいでしょう。

 

悩み2,コンバージョン率が上がらない

サイトへのアクセスが多いもののなかなかコンバージョンにつながらないことを悩んでいる企業は思いのほか多いです。
よくある理由としては「商品ページやサービスページの内容が薄くお客様が購入や導入まで踏み切ってくれない」というものです。

上記のページでも説明をしましたが、コンテンツマーケティングによるコンテンツは「集客」の他に「接客」の部分もフォローをしてくれます。
商品やサービスに関する情報を詳しく提供することによりお客様の商品への理解は高まり購入への後押しとなります。

また、商品やサービスに関連する”業界”についての情報もコンテンツマーケティングによって詳しく提供することにより、その業界の専門家としてお客様からの信頼度も上がりより強く購入の後押しをするでしょう。

 

悩み3,企業ブランドや製品ブランドを高めたい

企業ブランドや製品ブランドが低い場合、売上や企業からの相談もなかなか増えません。

  

では、どのようにブランドを高めていくかというと、やはりWeb上での展開は必須となってきます。
自社のもつ商品やサービスはどのような課題を解決するのか?というポイントを明確にしてコンテンツを作り込む必要があります。

それにより、課題解決のためにWebで検索をしている人たちにコンテンツがヒットし認知度の拡大が期待できます。
また、それにともない自社のソリューションブランド(この会社はどういう悩みを解決してくれる会社なのか?というブランド力)も高めることが可能です。

WEBサイト上での展開だけなくSNSを利用した展開も効果があります。
私が昔行なった「Twitterでアカウントのフォローと目玉商品のツイートをRTした人の中から無料で商品を提供する」というキャンペーンはフォロー数の増加にともなう認知度の拡大に非常に効果がありました。
ベタな施策ではあるもののTwitterを利用したRTキャンペーンはいまだに大きな効果があります。

 

悩み4,自社の製品に付加価値が欲しい

端的にいうと「薄利多売はしんどい」ということです。
どの企業も「自社の製品にもっと付加価値を与えて利益率を上げられたら…」と考えています。

では、どのように付加価値を与えればいいのでしょうか?
Webコンテンツ上での有効な手法としては以下のようなものがあります。

  • 企業としての専門性をアピールする
  • 製品に関する背景シナリオをアピールする
  • 調査結果にもとづく他社との優位性を客観的な事実を交えてアピールする
  • 著名人に推薦をしてもらうコンテンツを用意

これらのコンテンツをしっかりと作り込むことによって他製品との優位性を強くアピールできます。
これらのコンテンツが魅力的であればあるほど製品に付加価値を与えることが可能なので、社内でどのようなコンテンツを用意できるかを入念に検討しましょう。

 

まとめ

コンテンツマーケティングは自社の悩みや課題を解決できる大きな可能性があります。
コンテンツマーケティングの成功には多くの時間と労力が必要となりますが、うまく実地できたときのリターンは非常に大きいです。ぜひコンテンツマーケティングにチャンレンジしてみましょう。

Scroll to top